LINEで送る

DEBUに厳しい夫

夫に出会った頃の私は体重52kgくらい。

おそらく、というか、絶対、

58kgのとき出会っていたら

今結婚してないでしょう(笑)

 

夫は私の体重に厳しかった。

体重というより健康への意識が高いんだな、ということに

後で気づきましたが。

参考→夫の変化

 

当時の私、太ったらフラれる!

と焦ってました。

いや別に、20代前半だし、絶対この人と結婚したい!

と思ってたわけでもないんだけど(笑)。

それでも太ってフラれるのは避けたかった!

(そんな乙女心。)

ジム通いやプチファスティングの他、

薬膳教室に通ってみたり、

初心者向けの料理教室に通って自炊を増やしてみたり、

自分の健康をもっと考えなきゃ!

と考えるようになりました。

 

ちなみに夫に初めて作ったのは

料理教室で最初に習ったハンバーグです。

 

で、もっともっと健康になりたい!

と思ったときに気になったのが

「自然治癒力」という言葉。

 

人間には自分で自分をよくしようとする力が

備わっているわけですね。

薬に頼らず、その力をもっと高めることが

健康への第一歩!

 

体質改善して、肩こりや肥満、冷え性や生理痛などに

悩まないようになりたい!!

そう強く感じるようになりました。

 

公務員退職、NYでヨガづくしの日々

 

夫の海外転勤をきっかけに、結婚し、

公務員を辞め、NYで暮らすことにしました。

 

今思うとかなり博打うったなと思う私。

旦那がやばい奴だったら私の人生終わってたな(笑)

 

NYといえば?

と、友達に聞かれて、すぐさま

「ヨガ!」

と答えた私はすっかりヨガに夢中♡状態。

(もっといろいろあるだろ・・とツッコまれた)

 

いやだけどね、NYのヨガスタジオ本当多いですよ!

コンビニくらいあるんじゃない?(言い過ぎ?)

マンハッタンに住んでたのでそこしか知りませんが^^

 

サラリーマンもスーツ着て

朝ヨガ来たりするし。

 

私もしょっちゅうヨガマット背負って移動してたから、

「Minori、お前はサムライかーー!?笑」

とツッコまれてた。

 

↓こういうスタイル

画像引用:マンドゥカ

 

日本ではお風呂につかってたけど、

NYで住んでいるマンションのお風呂が

いまいち浸かりづらいというか・・

そもそも浸かること想定してないんでしょうね。

 

どうやって身体を温めよう?と思って

行き着いたのがホットヨガでした!

 

家の近所にあったホットヨガスタジオに

毎日のように通う私。

次第に身体が柔らかくなり、ヨガのポーズも

覚えてくる。

 

もっと学びたくなり、思い切って

これまた近所の常温ヨガクラスに入会!!

ホットヨガではできないたくさんのポーズを

ベテランの先生から熱心に指導していただき、

さらにヨガに夢中に♡

 

夢中になっていくのはあっという間でした。

なぜなら、そのプロセスでたくさんの気づきを得たから。

身体が軽くなって肩こりなどのトラブルから

解放されるのはもちろん、

ヨガをしたあとは心もすかーっとキラキラ輝いて、

視界もクリアになっていました。

実際、帰国後眼科に行ったら

コンタクトの度数が下がっていました。

 

驚き!

人の自然治癒力すごすぎです!!

もっともっと学びたい私に用意されていたのが

指導者養成コースでした。

次回は→

初日に半泣き ヨガ指導者養成コースの幕開け

 

私がマタニティヨガ産後ヨガクラスを主催するワケvol.3
LINEで送る